世界一美しい図書館! (ウィーン)

  • 2013.10.16
  • ウィーン
  • たび

世界一美しい図書館がウィーンにある!と聞いて、行ってみました!

花の都、音楽の都、芸術の都ウィーンへ♪

シュテファン寺院

ウィーンといえば、シュテファン寺院が有名ですが、ウィーンのリンク内にある「世界一美しい図書館」と称される 国立図書館プルンクザールは、本当に美しかった!

中央のカール6世像の威厳もさながら、貯蔵している約260万冊の圧倒的な知の遺産!

いろいろ見どころ満載のウィーンですが、個人的に一番印象に残った場所でした。

そして、ここがオーストリアの国立劇場「ブルク劇場」。

オペラ座

女帝マリア・テレジア時代の1741年に設けられた宮廷舞台(宮廷劇場)です。

手前を走る路面電車もステキです。

続いて、ウィーン楽友教会!

楽友教会

元旦に全世界でTV中継される「ウィーンフィル・ニューイヤーコンサート」はここで開催されます。

 

さて、オーストリアの女帝といえば「マリア・テレジア」(1717~1780)ですが、

マリア・テレジアと夫のフランツ・シュテファンが眠るカプツィーナ教会へ足を運ぶと…

マリアテレジア墓

さすが、お墓も大迫力です。地下に入った瞬間から感じたものすごいパワーの正体が分かったような気がしました。

石棺の上には、2人の胸像。マリア・テレジアは最愛の夫を亡くした後、自身が亡くなるまでの15年間、喪服で過ごしたと伝えられていますが、今ではこの石棺の中で幸せに眠っているんですね。

まだまだ、お伝えしたい掲載しきれないほどの見どころ、情報はあるのですが、

最後に初心者でもウィーンを楽しめる情報をお伝えします!

フロイト

見どころの多いウィーンの街では、観光スポットや歴史的ゆかりがある場所に必ずオーストリアの国旗が掲げられていました。

何気なく散策して、小さな国旗を見つけたらそこはウィーンが誇る史跡!

ちなみに、上の写真はフロイト博物館。中に入ると、精神分析家フロイトが診察していた当時の様子を垣間見ることができました。

皆さんもウィーンに行かれる際は、国旗を目印にいろいろ散策を楽しんでくださいね。

 

 (Tomoko.I)

※情報は2013.10.16時点のものです

オーストリア大使館

住所東京都港区元麻布1−1−20
TEL03-3451-8281
FAX03-3451-8283
URLhttp://www.bmeia.gv.at/jp/botschaft/tokio.html

この記事もおすすめ