タイの首都・バンコクでみつけた「福岡」との交流

皆様こんにちは。

いつの間にか海外に移住した長谷川です。

現在は、福岡から飛行機で5時間くらい、

バンコクにいます。

今日は、バンコクの中心で見つけた、

バンコクと福岡のつながりについて書いていきたいと思います。

私がいつもいるのは、

バンコクのメインストリート『Sukumvit 通り』周辺です。

天神の渡辺通りに、大きな高級デパートが並んだようなところです。

その大都会の真ん中に、

『ベンジャシリ公園』というとても大きな公園があります。

この公園は、国民から愛されるシリキット王妃の還暦を祝して、

1992年08月05日の05時55分に開園しました。

4.8ヘクタールの大きな敷地内には、いたるところに緑が溢れ、

噴水や、スポーツ施設などが充実しています。

芝生で寝そべって、仲良く話しているカップル。

裸でダンベルを持ち上げるムキムキの人。

タイの国技であるセパタクローの練習をするチーム。

マラソンをしているひともたくさん。

太極拳をしている人たち、

100人くらいの団体で、ダンスをしていたり、

20人くらいで、ヨガもしていたり。

タイの方たちが、たくさん訪れています。

まさに、大濠公園みたいなところです。

そんな公園を歩くと、

ひょっこり、日本庭園みたいな小さなスペースが現れます。

その小さな日本庭園のすぐそこにある記念碑には。。。

福岡から飛び立った私にはとても嬉しい文字が^ ^

『福岡県』と彫ってあります。

バンコクのこんなど真ん中に『福岡県』

嬉しくないはずはありません(笑

正確には、『薫風 福岡県都知事 小川 洋書』

と彫られています。

福岡県とタイ・バンコクは、

2006年2月に友好提携を締結していて、

青少年交流、環境交流、経済交流等、

様々な分野で交流が進めてられていています。

環境対策や洪水被害のサポートなど、公的な立場ももちろん、

あまおうPRなど、民間レベルの商業としてのつながり、

高校生を派遣しての交流もかわされています。

福岡県の青少年との交流を通じて相互理解を深めるため、

青年海外派遣プログラムとして、県内高校生がバンコクに赴くプログラム報告。
http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/bangkok-36.html

(また、もうすぐですが、平成27年8月5日~7日間、今年も開催されるようです。)

私にとっても、福岡は大好きな街ですから、

バンコクに居ても、福岡とつながっていられることは、

とても嬉しいことです。

私の力は小さいですが、バンコクから、福岡の皆様に、

何か良いキッカケになれるようなものを、

今後も書いていけたらなと思います。

また今後も、よろしくお願いいたします^ ^

 

※情報は2015.8.3時点のものです

長谷川 春奈

資産運用コンサルティング、海外不動産投資、海外投資、投資教育関連事業の「Global Investment Academy」経営企画室セールスチーム。

長谷川春奈さんのインタビューはこちら⇒https://fanfunfukuoka.com/people/1816/

ブログ:http://ameblo.jp/shidowh/

この記事もおすすめ