世界自然遺産・白神山地付近へ!ジェイさんの写真旅vol.3

世界自然遺産や美しい星空の写真を撮り続ける福岡在住のジェイさんが綴る写真旅。

3回目の旅は、白神山地付近へ!

九州に住んでいると、なかなか行けない東北。秋田駅からご当地列車「リゾートしらかみ」に乗って日本海沿いに北上し、青森県へ。

九州に住んでいると、なかなか行けない東北。秋田駅からご当地列車「リゾートしらかみ」に乗って日本海沿いに北上し、青森県へ。


五能線のウェスパ椿山駅で下車し、「不老ふ死温泉」で一泊。鉄分と塩分が濃い温泉。ふ死は無理でも、不老には近づけたかな。

五能線のウェスパ椿山駅で下車し、「不老ふ死温泉」で一泊。鉄分と塩分が濃い温泉。ふ死は無理でも、不老には近づけたかな。


翌日はレトロなバスに乗り、十二湖方面へ。なんとこのバス、床が板張りでした。

翌日はレトロなバスに乗り、十二湖方面へ。なんとこのバス、床が板張りでした。


十二湖というが、実は33の池がある。崩山という山の山腹から12の池が見え、残りは森に隠れて見えなかったそうだ。きれいな水が絶えず流れ込む。

十二湖というが、実は33の池がある。崩山という山の山腹から12の池が見え、残りは森に隠れて見えなかったそうだ。きれいな水が絶えず流れ込む。


深い森の奥から落ちるように水が流れてくる。マイナスイオンで満たされる。

深い森の奥から落ちるように水が流れてくる。マイナスイオンで満たされる。


可憐な花も多く、下ばかり見てしまう。

可憐な花も多く、下ばかり見てしまう。


十二湖付近は、世界自然遺産の白神山地の近くでエリア外。それでもブナの木が多い。

十二湖付近は、世界自然遺産の白神山地の近くでエリア外。それでもブナの木が多い。


ブナの巨木が立ち並び、森林浴には最高。

ブナの巨木が立ち並び、森林浴には最高。


コバルトブルーが美しい「青池」。青さの秘密は解明されていないそう。光が差し込む角度?のせいか、刻々と青色の濃さが変わる。

コバルトブルーが美しい「青池」。青さの秘密は解明されていないそう。光が差し込む角度?のせいか、刻々と青色の濃さが変わる。


神秘的な表情を見せる池がたくさんある。

神秘的な表情を見せる池がたくさんある。


地図に載っていない道をひたすら下るが、どこに出るのかさっぱり分からない。

地図に載っていない道をひたすら下るが、どこに出るのかさっぱり分からない。


森を抜けると、突然真っ白な世界が出現した。あまりの変わりっぷりに驚いた。その名も「日本キャニオン」で、表紙の写真の崖の下にあたる。土壌がもろく、大規模な土砂崩れの後のよう。

森を抜けると、突然真っ白な世界が出現した。あまりの変わりっぷりに驚いた。その名も「日本キャニオン」で、表紙の写真の崖の下にあたる。土壌がもろく、大規模な土砂崩れの後のよう。


一番下にある「八景の池」。貸しボートがあるので乗ってみた。なんと、えさを貰おうとコイが追いかけてきた。

一番下にある「八景の池」。貸しボートがあるので乗ってみた。なんと、えさを貰おうとコイが追いかけてきた。


帰りもリゾート白神で秋田へ。リフレッシュするための、のんびり旅でした。

帰りもリゾート白神で秋田へ。リフレッシュするための、のんびり旅でした。

 

 

※情報は2015.8.24時点のものです

ジェイさん

自宅近くで星を観ていた10代。20代は、晴れの日は九州各地をめぐり、山中で星を観ていた。30代になり、星漬けの日々に休息をとるため初めての海外旅行に行く。カナダでオーロラに出合い、どっぷりはまる。以来、定期的にカナダへ。現在は、週末は星を見に行けるかな?と日々、そわそわしている40代。

目標:日本の世界自然遺産をめぐり、星と一緒に写真を撮ること

特技:星を観るためなら、どんなに寒くても耐えられること

ジェイさん

自宅近くで星を観ていた10代。20代は、晴れの日は九州各地をめぐり、山中で星を観ていた。30代になり、星漬けの日々に休息をとるため初めての海外旅行に行く。カナダでオーロラに出合い、どっぷりはまる。以来、定期的にカナダへ。現在は、週末は星を見に行けるかな?と日々、そわそわしている40代。

目標:日本の世界自然遺産をめぐり、星と一緒に写真を撮ること

特技:星を観るためなら、どんなに寒くても耐えられること

関連タグ

この記事もおすすめ