世界遺産「軍艦島」へ上陸疑似体験!デジタルミュージアムOPEN!

明治日本の産業革命遺産として2015年7月に世界文化遺産に登録された「端島炭鉱(通称:軍艦島)」への上陸を、最新のデジタル技術を使って疑似体験できる新しいミュージアム「軍艦島デジタルミュージアム」が、長崎市松が枝町にオープンしました!

 

軍艦島とは

長崎県野母半島の西方、長崎港から約18kmの海上に浮かぶ、東西約160m、南北約480m、面積6.4haの小島。正式名称は「端島(はしま)」ですが、北西から見たときの島影が戦艦「土佐」に似ていることから「軍艦島」と呼ばれるようになりました。海底炭鉱の島として栄華を極めましたが、炭鉱の閉山に伴い1947年に無人島となって以降、風化・劣化が加速度的に進んでいます。

デジタルミュージアムでは、今に残る「廃墟の島」ではなく、活気あふれる往時の軍艦島の文化や雰囲気、島民のリアルな暮らしぶりを、映像や画像などの資料を収集した上で再現しています。

軍艦島シンフォニー(イメージ画像)

軍艦島シンフォニー(イメージ画像)

映像ギャラリー

UAV(無人飛行体)による空撮で撮り下ろした映像をもとに、軍艦島の今を3Dモデリング技術を使って再現。上陸ツアーだけでは計り知れない軍艦島が垣間見えます。

 

65号棟の暮らし

日本初の鉄筋コンクリートアパートが建てられたといいう軍艦島。中でも65号棟は317戸を有する島内最大のマンモス棟でした。その一室を再現したコーナー。

 

採炭現場への道

軍艦島の海底には地下1km以上、周囲2km以上の広大な範囲に、いくつもの海底坑道が張り巡らされていました。地上から採炭現場までの道のりをデジタル技術で再現し、まるで当時のケージやトロッコに乗って採炭現場へ向かうような体験ができます。

採炭現場への道(イメージ画像)

採炭現場への道(イメージ画像)

軍艦島シンフォニー

全長30mの壁面いっぱいにプロジェクションマッピングで映像を投影し、今に残る写真や動画資料をもとに当時の島の空気感が体感できます。

 

軍艦島の謎

世界一の人口密度を記録した軍艦島。軍艦島にある知られざる多くの世界一や日本一、世界初、業界初をタッチパネルで楽しく学べます。

 

1 / 2

この記事もおすすめ