城下町を照らす幻想的な竹灯籠&温泉イベント【大分県竹田市】

秋も深まり、あったかい鍋料理が恋しい季節になりました。

日に日に寒くなりますが、今回は、身も心も温まりそうな大分県竹田市のイベントをご紹介します。

 

11月20(金)~22日(日)、竹灯籠のあかりが街を彩る「たけた竹灯籠・竹楽(ちくらく)」が同市の武家屋敷通りを中心とした城下町界隈で行われます。

今年で16回目。晩秋の恒例イベントです。

日暮れのころに、約2万本の竹灯籠に明かりがともり、16時半から21時半まで点灯します。

主催者によると「午後6時ごろの、日暮れ前の景色が特におすすめです」とのこと。

竹田市役所、竹田市総合運動公園、竹田中学校(土日のみ)に専用駐車場を設けていますが、スペースが限られているので、なるべく公共交通機関を利用してほしいとのことです。

 

なお、各駐車場とJR豊後竹田駅とを結ぶシャトルバスも運行されますので、ぜひご利用ください。

問い合わせは、NPO法人里山保全百人会=0974(63)2638

 

あったかい、といえば、「温泉」も浮かびますね!

 

九州にはたくさんの温泉がありますが、大分県は「おんせん県」と銘打つだけあって、温泉が豊富です。

そのなかでも大分県竹田市は久住高原温泉郷、竹田・荻(おぎ)温泉、長湯温泉という個性豊かな3つの温泉があり、「国内屈指の炭酸泉」としても知られています。

炭酸濃度が高いうえ、温泉水を飲んで体を癒やす「飲泉文化」も根付いています。

今年5月には、市内全域が「国民保養温泉地」に指定されました。

それを記念した体験イベントが「えきすぱ――竹田式湯治博覧会」が11月末まで開かれています。「えきすぱ」とは、「Expo(博覧会)」と「Spa(温泉)」を組み合わせた言葉。

 

期間中は、3回分の入浴手形が付いた「たけた湯めぐり温泉手形」(税込1000円)を販売。竹田市内の22施設で使える、お得な温泉手形です。地元の竹を使ったかわいい手形で、使用後はしおりなどにアレンジできます。

下記のサイトで、対象施設などもチェックできます。

「えきすぱ 竹田市」www.exspa.jp

 

問い合わせは、竹田市観光ツーリズム協会へ。

0974(63)0585

http://www.taketan.jp/

 

※情報は2015.11.11時点のものです

この記事もおすすめ