フジP、高速船で釜山へ行く!Vol.3【完結編】

博多港を出て釜山に着き、昼ごはん→スーパー→夜ごはん→屋台→就寝、ときました釜山の旅。

いよいよ完結編です。

東横インは朝食ビュッフェ付きです。

みそ汁、ごはん、パン、サラダ、キムチ、ソーセージ、オムレツ、海苔といったところが定番メニューです。

カレーがあることも。

昨日はさしてダメージはなかったのですが、昼ごはんに集中したいと思い軽めにピックアップ。

オレンジジュースや牛乳、コーヒーもありますよ。

腹ごしらえしたあとは買い物へ。

約3年ぶりの国際市場

いや~、こういうところは日本にはないですね。

何が値切れて何が値切れないのかよくわからない世界ですが・・・でも「アジア」って感じが好きです。

 

そしてこの旅の集大成、最後のランチへ。

地元の方オススメの「ジョバンナッチ」へ入店。

釜山はナッチ(タコ)が有名なんですよ(デジクッパもですが)。

今回は昨日荒れた胃を癒やすため、辛くない鍋にしました。

辛いのは辛いのでめっちゃ美味しいのですが、辛くないのもいいね!GOOD!チョアヨ!

銀杏、朝鮮人参、栗などなど・・・漢方鍋みたいな感じでした。

ううう・・・癒される。

最後、雑炊までいただきましたが、めっちゃ美味しかったです。

 

そしてついに帰福の時・・・

しっかし釜山港、キレイになってるわ~。

出国手続きした後の待ち時間にビールでも飲もうかな・・・と思っていましたが、免税店やコーヒー店は充実した新釜山港に、旧港にあったあのコンビニ的なお店がない!

てか、中でビールが売っていない!!

手続きする前にコンビニで買うべきだった・・・(カウンターがあるフロアにはセブンイレブンがありました)

 

帰りの船は全く揺れず、しっぽりとビールを飲んで旅の思い出を噛み締めたのでした。

【完結】

vol.1はコチラ

vol.2はコチラ

 

【ちょっと番外編】

自宅に帰ったフジPは、家族を置いて楽しんでしまった罪悪感から早速料理で浄罪を・・・

 

 

スーパーで買った、チヂミ粉。(1キロ=200円ぐらい)

 

 

ニラと冷蔵庫に余っていた白菜・ウインナーを混ぜて・・・

 

簡単にできました。

ただ、チヂミはやっぱりイカを入れたいです!

 

 

※情報は2015.12.6時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ