『袋とじ 開けて 持ち込み 地獄行き』☆どくだみJAPAN

なでしこのように可憐でか弱く美しく生きていけるならば

そうしたいものだ。

 

しかし、海外で生活をするには

しっかりと根を張らなければ簡単にへし折られる。

 

そう、Awayで生きるとは、しっかりと軸を持ち

自分の身は自分で守ることが鉄則だ

『どくだみ』は

どんな土地にでも根を張り、雑に取り去ろうとするものに容赦なくきつい匂いを放つ。

取扱いさえちゃんとしてもらえれば、相手のためにデトックス効果高い飲み物にだって変身するのだ

 

海外で根をはって戻ってきた女性

また、異国で現在頑張っている女性

 

教科書やガイドブックでは書いていない

リアルカルチャーの発信『どくだみJAPAN』。

 

コラムリレーでお送りするコーナー1回目はYuuが担当いたします。

『なでしこになれなくても世界中の土地に根付どくだみJAPANの現地レポート』

fan fun fukuoka の月9!授業ではならわない世界中のカルチャーを発信!「どくだみJAPAN」の酔いつつどき(夜五ツ時~江戸時代の午後8~9時の呼び方)がスタートしました!

 

1回目の話題はこちら。

 

海外旅行をするにあたって、オッサンたちに気をつけてもらいたいことがある

それは・・・袋とじ

そう、袋とじには、「男のパラダイス」がそこにある

約7時間のフライト飛行機だけの楽しみにしておけばいいのに・・・

オッサン達よ・・・なぜ、それを再びカバンに入れて、入国しようとするのか

妻から離れ、ホテルでしばし、その「パラダイス」で楽しもうとでも思っているのだろうか

ヾ(叫゚Д゚)ノキャァァァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!!

そう思いながら、入国審査で案の定、別室に呼ばれ罰金を払わされている日本人のオッサン達

ウソォ―――( ゜Д゜ )――――ン!!?

お国が変われば(とくにイスラム国家は)、女性の肌をさらしたものは、ご法度!!

ガ━━━━━━━∑(゚□゚*川━━━━━━━━ン!

 

これからのシーズン、単身で東南アジア・中近東に移動されるお父さん方!!

いいスタートを切るためにも・・・

袋とじの画像は目に焼き付けて、

誘惑を断ち切って

雑誌は座席に残して

赴任してください。

【次回17日(月)午後9時~は、現在NZで腕利きの起業家として注目を浴びる旦那を持つ里子さんのコラムです】

※情報は2014.2.10時点のものです

Yuu

『どくだみJAPAN』 リーダー。
人生一度きりなので・・・なんでもやりたい見たい感じたい冒険家♥(笑)

この記事もおすすめ