【アフリカ・ニジェール共和国】子どもと教育と貧困

【日本が羨ましいよ。子供たちはきちんとした教育を受けることが出来て、夢が持てるから。この国では夢なんて持てない。】

3年前に出会ったニジェールの英語ガイドのモシャの言葉。

いつまでも忘れられず、心に残っている。

教育にこだわっていたモシャは英語ガイドを辞めて、今は英語の先生になる為に、トレーニング中だ。

今回の渡航で会えないかと思っていたら、私がニジェールにいる情報を聞き付けて、わざわざホテルまで会いに来てくれた。

【ニジェールは平和で何もないところなのに、ヨーロッパの渡航禁止勧告のせいでほとんど観光客が来なくなった。皆、ケニアや南アフリカに行ってしまった。僕らから言わせれば危険度は向こうの方が高く思えるのに。】

とモシャが開口一番、悲しそうに言う。

確かにその通りかもしれない。

日本や諸外国の各機関は国の政情などを見て、状態を判断し様々な勧告を出すがモシャの言う通り、実際に身の危険を感じる国は首都で言えばニジェールよりも、ケニアや南アの方が比べものにならないくらい高い。

外国人を狙ったホテルやバーなどでも爆破事件も良く起きる。

そういった地域では現地ガイドも女王が危険な目に遭わないように、目配り気配りでピリピリしている印象がある。

しかし、ニジェールでは町を歩いていても、地元の人で溢れる市場を歩いていても、危険だと感じることはない。

見慣れないアジア人に地元民から大注目!この後、大名行列以上の列が…。

見慣れないアジア人に地元民から大注目!この後、大名行列以上の列が…。

内戦や度重なるクーデターのせいで、貧しい人が本当に多いのだが、お金や食べ物が欲しくても、服や髪やバックを引っ張ることもなく、ニコニコ笑いながら付いて来るだけ。気さくで写真を撮ることもさほど問題ない。

とは言ったものの、国の勧告情報を信じるなという訳ではない。

政情不安からすれば、いつ何が起きるかわからない状態であり、外国人を狙った誘拐事件も起きているし、情報は正しいのだ。

ただ、実際に訪れてみて、モシャの言葉に妙に納得してしまった部分はあった。

それでは今日はモシャの言葉を交えながら、旅の最後に訪れたニジェールを。

まずは、ニジェールのことを少し。

1 / 4

関連タグ

この記事もおすすめ