「日本新三景」選定百周年の耶馬渓。自然の織り成す鮮やかな景色を愉しもう

新緑―
深耶馬渓、本耶馬渓、裏耶馬渓など種々の渓谷美が存在する耶馬渓。
中でも深耶馬渓の中心地にある「一目八景」は、周囲の岩峰群を一望できる代表的な景勝地。5月の新緑の季節は新たな生命の息吹を感じさせてくれます。

紅葉シーズンを迎えると山の風景が赤や黄色に変わり、その景色を楽しむため毎年多くの人が訪れています。古代火山の溶岩と水の浸食作用で形成された「奇岩・秀峰」は、紅葉に一味も二味も加え、すばらしい景色をつくり出します。
春の“若葉もみじ”と秋の“錦もみじ”の時期は毎日見ても飽きることはないでしょう。

食―
そば・すっぽん

耶馬渓・本耶馬渓は古くからそば作りが盛んで、山の木々を伐採し焼きそこでそばを栽培していました。現在では転作作物として地域全体で栽培されています。深耶馬渓ではそば処が軒を連ねており、深耶馬渓の美しい景色とともにそばを味わうことができます。
また、5月下旬から6月上旬ごろまで、春そばの白い花を楽しむことが出来ます。

すっぽんは昔から滋養強壮に効果がある食材として重宝されてきました。
耶馬渓の豊かな自然の中で、温泉をつかって育った「耶馬渓すっぽん」は泥臭さが少なく、とても美味しいと評判です。最近では豊富なコラーゲンを含むことで、美肌効果にも優れていると女性からも人気が高まっています。耶馬渓自慢のすっぽん料理をぜひ味わってみてください。

癒―
山移川沿いに奇岩が連なる深耶馬渓に湧く。肌がスベスベになる美肌の湯として有名で、温度は少しぬるめ。深耶馬渓探勝の基地としても便利な立地で、豊かな自然美が満喫できます。

お問い合わせ先:
中津耶馬渓観光協会 TEL:0979-64-6565

※情報は2016.6.22時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ