【のぼろ便り】ヤッホー!十坊(とんぼ)山に登ったよ!☆動画付き

福岡県糸島市の西端、唐津との境にある十坊山(とんぼやま、535m)に行ってきました!前日の雨も上がり、空気は冷たいものの青空も広がり全体に春の光が。

素晴らしい日本の風景が広がっていました

素晴らしい日本の風景が広がっていました

のどかなムードのミカン園を過ぎれば、樹林帯へ。

道を登っていくと、おいしそうな八朔が…。「おいしそう!」「食べたいね!」「でも、採っちゃダメだよね」「落ちてるのなら食べても大丈夫なのかな?」…。そんなことを言いながら歩いていると、運命の出会いが!!

「はっさくです。よかったらどうぞ」。農家の方が、これから登山(下山)する人のために、わざわざ用意してくれた素敵なお土産。感動です。泣けてきました。一瞬でも、「1つくらいならいいかな?」と、八朔に手を伸ばした自分が情けないです…。

採ろうとしているだけで実際には採っていません。本当です。

十坊山までは、徒歩65分。道中は、大きな岩や倒木、木の根っこも出現し、雰囲気は満点です。

天高くそびえる杉の木々。風に揺られてちょっと不気味な音を出していました

天高くそびえる杉の木々。風に揺られてちょっと不気味な音を出していました

樹齢何年か分かりませんが、すごい根っこです

樹齢何年か分かりませんが、すごい根っこです

途中、小さなアップダウンはあるものの、平坦な尾根道も随所に現れ、全体には比較的平易なコースでした。

唯一、最後の急坂を乗り切ればいよいよ頂上!

玄界灘や壱岐、糸島、唐津まで一気に見渡せるパノラマが眼前に広がりました。

頂上の真ん中にでんとそびえる鎖付きの大岩をよいしょと上がると、さらに一段上の絶景が待っていました。「ヤッホー!!」ここで絶叫しなくて、いつするの?という勢いで大声で叫びました!!

ヤッホー!!!

ヤッホー!!!

※独身30代女性の山頂での叫びはこちら↓ワ━━Σp(゚Д゚qo)━━ッッ!!


頂上では、持参したおにぎり弁当とお吸い物、コーヒーで一息。下りは急ながら、尾根の脇を街路樹のように整然と立ち並ぶ自然林の間を縫い、気分は爽快。

春の光に包まれた山道を下り、下界に降り立った私たちを、さまざまな春の花が迎えてくれました。

ヤマザクラ

ヤマザクラ

ボケの花

ボケの花

菜の花

菜の花

タンポポ

タンポポ

山道では、よく小さな鳥居を見かけますが、ここにもありました。登山者の安全祈願とともに、ゴミ捨て抑制を促す狙いがあるようです。「ゴミもってかえらんな」。方言で呼びかけているのが親しみを感じます。

山には春が訪れていました!みなさんもぜひ、花いっぱいの山をお楽しみください♪

※情報は2014.3.27時点のものです

team「のぼろ」のメンバーが九州の山登り情報をお届けします♪

西日本新聞社出版部が発行している山の季刊誌「のぼろ」(本体926円+税)。

春号が出ました!

ネットでの申込みはこちら⇒http://shop.nishinippon.co.jp/asp/index.asp

この記事もおすすめ