グローバルな人材交流で見えてくること☆どくだみJAPAN

ビジネスにド素人の「夢見る夢子ちゃん」の私が無謀にも日本語学校を初めて早5年~現実は想像していたよりはるかにキビシかった~((+_+))

今も正直言って苦しみが90%、喜びはわずか10%というところ…

でもその10%の喜びでなんとかガンバレル!

これまで36ヶ国(ざーっと数えてみた)から生徒を受け入れてきた。欧米系はもちろん、アジア、中東の国から、年齢(10歳から70歳+)、職業、文化、宗教…..が全く異なる人々がここに集まる。ひとつの思い~日本が大好き!日本語が上手になりたい!~で結ばれる。

日本にいながら異文化に触れまくり、不思議な空間の中で私はドラマティックな日々を過ごしている。

3週間前、あのウクライナから生徒がやって来た。来日予定の1ヶ月前からまったく連絡がとれなくなり、今の状況ではムリと思っていたところ、来日3日前に”I got a mail!”~今日ビザがとれました。日本に行きます!~こんな時にビザが下りるなんてキセキ!

まわりの心配をよそに本人はいたって冷静で、今は「居合道」のお稽古に夢中な様子。

外国人との交流の中でよく感じること…メディアでは伝わらないその国のフツウのことがよくわかる。ニュースとしてはイマイチ取り上げられないことに面白い発見がザクザク~好奇心旺盛な私にはそこがたまらない。言葉の壁を越えてラテン系のノリで大ハシャギ、大笑いする日々。話しのネタは確実に増えていく~

 

キツイ(何年たっても日本語を教えるのはタイヘン)、コワイ(想定外のハプニングにドキドキ・ハラハラ)、ココロがオレル(“やられた”時の落ち込み度はヒドイ)の3Kのお仕事。でもこの広い世界の中で、こんなメンドクサイ言語~日本語~を選び、日本の中で福岡を選び、そして何よりも私の学校を選んで、はるばるここまで辿りついてくれた愛すべき人々がいる。そんな生徒たちの夢のお手伝いができるなんてアリガタイと感謝!だから明日もなんとかガンバレル!(*^_^*)

 【どくだみJAPANは毎週月曜日午後9時更新です】

※情報は2014.3.31時点のものです

WAHAHA*J

(株)WAHAHA Studio Japan, WAHAHA日本語学校代表
16歳の夏、アメリカでホームステイを体験し、異文化の不思議さに出会う。
以来、異文化交流へ情熱を燃やし、5年前に日本語学校を設立。
”違い”を楽しみながら、現在日本語教師として外国人に日本語+αを指導中。

WAHAHA Japanese Language Schoolのfacebook:https://www.facebook.com/wahahanihongo

この記事もおすすめ