台湾ダフ~ル♪(Taiwanderful)前編。台南でのマンゴー狩り体験

7月末、友人に誘われ台湾へ行ってきた。

さすが、女王の友人はただ者ではない。

彼女が台湾通なのは知っていたが、何を言い出すかと思えば

 「台湾でマンゴー狩りがしたいの。連れてって~!」

女王にとっては初台湾。いつもは珍国ばかりを旅しているので意外と有名な場所は行っていないのだ。(ハワイも1回だけ)

初台湾でマンゴー狩りか…と最初は気が進まなかったが、台湾でマンゴー狩りをした知り合いは周りに誰もいない。まさに「珍国魂」に火がついた。

調べると、マンゴー狩りは台南で出来るらしい。

マンゴーの収穫時7~8月に設定日を作ってマンゴー狩りを企画する農園があると情報を得た。

依頼があった日から、女王のしつこいまでの下調べが始まる。

アクセス調べて準備万端

まずは、台南までのアクセスだ。台南までは台湾高鐵の新幹線がある。

そして、台湾新幹線には2400元(約7,200円)払えば、新幹線の区間がどこまで乗っても3日間乗り放題というパスを見つけた。

台南までは普通の割引を使っても片道4,500円位かかるので、往復すれば元が取れる

しかし台湾高鐵のHPにはそのチケットは「外国人は取次代理店で購入」と書かれていた。日本語サイトの取次店を調べるが、どこも手数料を取るのか8,000~9,000円が相場だ。これは絶対に納得がいかない。

HPをよく見ると「チケット購入」という項目があった。

それまでは日本語表記だったが、購入画面へ移ると英語と台湾語の表記しかない。

しかしチケットタイプを選ぶ中には「3day pass」の表示はある。

おそるおそる予約してみると、カード決済であっさり完了。

当日は窓口へ予約番号が書かれてある控えとパスポートを持って行けばいいらしい。

万が一何かあっても、珍国で鍛えた「ゴネ技」を使えばいいと楽観視。

ただ当日にバタバタしたくなかったので、台湾に到着した日に台北の高鐵の窓口に確認に行くと全く問題なかった。

台中に住む友人にも会う約束もしていたので、とても使いやすかった。

パスポートを一回り大きくしたくらいのパス

パスポートを一回り大きくしたくらいのパス

中を開くと…

意外にもアナログで窓口では手書きで乗車する路線を記入してくれる。
予約はその都度。台北~台南は1時間に何本も走っているのでとても便利。

意外にもアナログで窓口では手書きで乗車する路線を記入してくれる。
予約はその都度。台北~台南は1時間に何本も走っているのでとても便利。

1 / 4

この記事もおすすめ