【のぼろ便り】「食べて、登って、また食べる」台湾!

福岡から飛行機で、1本の映画をちょうど見終える頃に到着する台湾。小龍包やお茶などなど、食の旅になりそうな台湾ですが、山にも登ってきました!名前に惹かれ登った山は「七星山」。7つのピークが北斗七星に見えることから名付けられたそうです。台北市内からバスを乗り継ぎ1時間半ほどで小油坑登山口へ。下山後には温泉も楽しめます。

ザックに荷物を詰めていざ出発!

まずは屋台へ。

この中から厳選します。麺とか飯とか肉とか…、なんとなくの雰囲気で…。

何といってもお茶のおいしい台湾。

夜市で、茶器を交渉中。

朝食も屋台でおかゆです。

おかずもヘルシー!生麩の煮物が絶品!

食べてばかりではありません。もちろん山にも登ります。いざ七星山へ。

小油坑登山口には噴気口を見学できる場所があり、雲仙を思わせる雰囲気。

バス停のすぐ横が登山口。道標には距離も表記されているので安心です。山頂まで1.6キロ!今日は社長登山!

噴煙の上がる登山道を登って行きます。熱いので要注意!歩きやすい石畳の道が続きます。

1時間ちょっとで山頂到着!登山者も多くにぎやかな山頂ですが、日本人全く見かけません。よく話しかけられました。

モウセンゴケを見つけました。

なにスミレでしょうか…?

美しい自然林の森にたどり着きます。

夢幻湖。ここにしか生息していない「台湾ミズニラ」が見られます。

下山口の冷水坑には足湯や共同浴場があります。なんと無料。強烈な地元おば様方の洗礼を受けますが、旅の思い出に勇気を振りしぼってみる価値あり。シャワーキャップは必携です。かぶり方が甘くても怒られます。

疲れた体はマッサージに限る!ここは夜市の中にある理容店。「アイキャン スピーク ジャパニーズ」と言い張るおじさんが、15分300円にしてくれました!台湾はとにかく市場が楽しい!みなさんもぜひお楽しみください♪

※情報は2014.4.6時点のものです

七星山

team「のぼろ」のメンバーが九州の山登り情報をお届けします♪

西日本新聞社出版部が発行している山の季刊誌「のぼろ」(本体926円+税)。

春号が出ました!

ネットでの申込みはこちら⇒http://shop.nishinippon.co.jp/asp/index.asp

この記事もおすすめ