トイレの神様の世界事情☆どくだみJAPAN

■完全密室。

■『リリース』できる喜び。

この安心感はここでしか味わえない。

それは『トイレ』だ。

 

『トイレ』を見れば生活水準レベルがわかる。

 

私の中では、日本はかなりの水準の高さだ。

大理石の床を施し、清潔感あふれるトイレの洗面所=福岡県大任町の道の駅おおとう桜街道

総工費1億円をかけたことでも有名な道の駅おおとう街道(福岡県大任町)のトイレ

外国人の友達がまず動画を撮る『音姫』

日本のなでしこたちは、自分が奏でる音さえ恥じらう。

勝手にフタは開き、勝手に流れる。

アフリカ人の友達は、悲鳴を上げた。

石油王たちが某メーカーのトイレを母国に大量に買って運ぶのがわかる。

 

そう日本のトイレは世界水準で考えると

『アンビリバボー』なのだ。

 

佐賀県嬉野市には金色の小便小僧!

佐賀県嬉野市には金色の小便小僧!

ヨーロッパでは容赦なく

『チップ』を取られる。

『リリース』という我慢を超えた人間にとっては

お金をせびられてもたとえ理不尽だと思っても

財布からチップを払ってしまう。

だって・・・

出したいんだもん~

 

イスラム圏では

ティッシュがない。

だって左手でゴシゴシ洗うんだもん。

さすがに抵抗がある・・・

よって、ポケットティッシュは必需品♥

 

究極はアフリカだ。

24時間の滞在を超えれば

『郷に入れば郷に従え』

そう思えるだろう

もはや『密室』という概念を払わなくてはいけない。

背が高い『草』を探して

できるだけ低姿勢を保って『リリース』行為を行う。

くれぐれもリリース中、ライオンに見つからないように!

くれぐれもリリース中、ライオンに見つからないように!

しかし・・・

これが慣れると、『なんか、私、なんでもできる気がする~♥』

青空を見上げ、果てしなく続く地平線を見ながら

そんな自信がみなぎってくる。

 

私の源は・・・すべてアフリカ!!

もしあなたが、自信を喪失しているのであれば

私は迷わずこう言う。

『GO TO AFRICA !!』

 【どくだみJAPAN☆は毎週月曜日午後9時にお届けします】

※情報は2014.4.21時点のものです

Yuu

『どくだみJAPAN』 リーダー。
人生一度きりなので・・・なんでもやりたい見たい感じたい冒険家♥(笑)

この記事もおすすめ