沖縄に泊まるならココ!絶好のロケーションが人気のホテル

旅に出たら気になることのひとつが宿泊施設。ビジネスホテルでもいいけれど、せっかくなら思い出に残るようなところに泊まりたい!そんな方におススメしたい、とっておきの場所をご紹介します。

どこを撮っても絵になる!カッコイイ隠れ家で開放感を満喫!

沖縄県北中城村エリアにある「SPICE MOTEL OKINAWA」。アメリカ統治時代に建てられたモーテルをリノベーションしたデザインホテルです。

モーテルは、自動車で旅をする人のための簡易ホテル。リノベーションする前は「自動車ホテル」のネオンサインが掲げられていたようで、その名残がカフェに残っていました。

まさに、どこを撮っても絵になるカッコ良さ!リノベーションの良さがこれほどまでかというほどに感じられる空間です。

気になる部屋の中ですが、これまたびっくり!

スタイリッシュで清潔感のある部屋に、テンションがあがらないわけがありません。別の部屋を見せてもらうと、2階建てベッドもありました。

気が付いた方もいらっしゃるかもしれませんが、この部屋にはテレビがありません。その分、外に出たくなるし、外に出たらまぶしい太陽と、青い空、そしてあふれる緑!遠くには海も見えました。

都会の喧騒を忘れ、のんびり開放的な気分で楽しみたい人におすすめのモーテル。手頃な価格と、北谷の海も街も近い絶好のロケーションも人気の理由のひとつです。海外からのロングステイが少なくないのにも頷けます。

SPICE MOTEL OKINAWA

沖縄県北中城喜舎場1066

098-923-1066

宿泊5190円(室)~/デイユース4320円(室)

「次」の目的地が見えてくる!旅人×ローカルが集う場所

やっぱり街なかのホテルに泊まっていろいろ巡りたい!という人には、那覇市にある「ESTINATE HOTEL (エスティネートホテル)」がおすすめ。市内の観光スポットにも近く、多くの旅行者が集うソーシャルなホテルです。

ホテル名は「目的地」を意味する「DESTINATION」の頭文字Dを外し、動詞に派生させたもの。『不完全な旅の中にこそ様々な「次」が見える、そんな発見にあふれたホテルでありたい』というコンセプトで『DESTINATIONからDを外すことで「不完全さ」を、そしてアルファベットでDの「次」にくるEが新たに頭文字として顔を出すことで「“次”の発見」を表現した」ということです。なるほど。

1階フロアだけ見ると、レストランのようにも見えます。ここでパソコンをしたり、読書をしたり、カフェでくつろいだり。地元の人も気軽に利用しているので、旅人とローカルが出会う場にもなっているようです。

台湾や韓国を中心に外国人の旅行者も少なくありませんでしたが、ちょっとした国際交流の機会があるのも魅力ですね。

大きなホテルではありませんが、街なかにあり、気軽に泊まるにはちょうどいいホテル。朝食はいくつか種類がありましたが、どれもボリュームがあって、ここでもアメリカンな気分が味わえました。

ブレイクスロウプレート

ブレイクスロウプレート

 

ローストチキンサンドウィッチ

ローストチキンサンドウィッチ

 

フルーツパラダイスグラノーラ

フルーツパラダイスグラノーラ

さらに、ホテルには、自転車のレンタルも!今回は時間がありませんでしたが、次回訪れた際には、自転車に乗ってホテルから沖縄の街を爽快に走り抜けたいと思います!

エスティネート ホテル (ESTINATE HOTEL)

沖縄県那覇市松山2丁目3-11

098-943-4900

【キレ★カワ女子旅in沖縄】の特集ページはこちら

※情報は2017.2.8時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ