釜山・南浦洞を散策~KBCでも取材されたサムギョプサル店へ【JR九州高速船ビートルで行く釜山の旅】

松島ビーチから南浦洞へ戻り、街をブラブラ。

釜山・南浦洞と言えば、やっぱり屋台!

おでん

トッポッキやらキンパッやら

 

ホットック

ホットック

 

焼き鳥

焼き鳥

 

天ぷら

天ぷら

 

じゃがいも

じゃがいも

金曜日の夜ということもあり、かなり人が多い!

そして、夕方(夜ご飯前)なのにみなさん結構屋台で買って食べているんですね~。一つ一つのサイズが大きいので、今食べているみなさんは、家に帰ってからさらに夜ご飯食べるのでしょうか??気になります。

釜山と言えば海鮮!

釜山と言えば海鮮!

こういうお店も釜山らしさの一つ。エビもカニもビッグサイズです。

でかい

エビもカニもデカイです

海鮮とお肉で悩みましたが、今回はお肉モードでしたのでドンキンサムギョプサルにIN!

ドンキンサムギョプサル 店内

ドンキンサムギョプサル 店内

 

KBCさんでも紹介されていました

KBCさんでも紹介されていました

こちらがメニューです。

メニュー

メニュー

主に、5000~6000ウォンという価格帯。

韓国はお酒(ビールと焼酎)が安いですね~。

「中段までの8つのお肉を全て2人前」という意見もあったのですが、どれぐらいの量が出てくるかが分かりませんでしたので、とりあえず4つのお肉を2人前ずつオーダー。

付け合わせ

付け合わせ

例のごとく付け合せが次々と・・・

チゲ

チゲ

もちろんチゲも。

そしてお肉登場!ボリュームがすごい(1皿2人前)。

8つ全て2人前注文していたら大変なことになっていました(ちなみに4人で食べています)。

 

 

野菜に包んで・・・

野菜に包んで・・・

美味い!間違いないですね。

お会計は・・・80,000ウォン弱でした。これだけ飲み食いしても1人2,000円程度とはさすがです(お酒はビール8本オーダー)。

サムギョプサルを堪能しましたが、今夜はまだまだ攻めます!

次は大好物・プデチゲを目指し、キングコングプデチゲへ・・・ その模様はコチラ https://fanfunfukuoka.com/travel/77285/

■Writer:FP

※情報は2017.3.1時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ