五六島(オリュクド)のスカイウォークから、旅の〆は釜山名物デジクッパ【JR九州高速船ビートルで行く釜山の旅】

『東横イン釜山駅2』でリフレッシュした2日目。まずは、もう一つのスカイウォークがある五六島(オリュクド)へ。

※松島(ソンド)ビーチのスカイウォークはこちら → https://fanfunfukuoka.com/travel/77228/

※前回(東横イン釜山駅2に宿泊)の模様はこちら → https://fanfunfukuoka.com/travel/77364/

 

五六島(オリュクド)へは釜山駅エリアからタクシーで20~25分程度です。

あ

日本語の解説もあります

今日も快晴で、見晴らしは最高!結構観光客の方が多いですね~。

スカイウォーク

スカイウォーク

こちらが五六島(オリュクド)のスカイウォーク。

松島(ソンド)ビーチのスカイウォークとは異なり全長は短いのですが、崖っぷちですので「高い」という瞬発力勝負のスカイウォークです。

まずは靴を覆うカバーを着用。

スリル満点

結構なスリル!どうしても力が入ってしまいますね・・・

まさに崖です

まさに崖っぷち

スカイウォークの後は、広安大橋方面へウォーキングも楽しむことができるそうです(今回は時間と体力の問題もあり歩いていません)。

ウォーキングコース

 

少しだけ登ってみました

 

スカイウォークはこんなところにあります

スカイウォークはこんなところにあります

五六島(オリュクド)を後にした我々は、お土産を買いに釜山駅方面のスーパー「TOP mart(トップマート)」へ。

TOP mart

TOP mart(トップマート)

お土産はやっぱりラーメンと海苔ですよね(結構日本でも買えますが・・・そこは気持ちの問題です)。

ラーメンコーナー

ラーメンコーナー

オススメはコチラ。

プルタッポックンミョン

プルタッポックンミョン

プルタッポックンミョンです。

5袋入り(たまに6袋入り)で4,000~5,000ウォンと他の麺より若干高めですが、辛党の方はトライする価値アリの「激辛」麺。

写真でもわかるように「焼きそば」タイプです。

玉ねぎやキャベツなどの具を多く入れたり、ピザ用チーズをかけたりしないと、そのままでは辛すぎます。

おそらく日本のどのインスタント麺より辛いのではないでしょうか!?「激辛」に興味がある方はぜひ!!

お土産も購入でき、最後は釜山名物「デジクッパ」を食べにデゴンミョンガへ。

デゴンミョンガ

デゴンミョンガ外観

 

メニュー

メニュー(日本語対応)

デジクッパ6,500ウォン。デジスユク(豚のゆで肉)も注文。

まずはズラズラっと・・・

 

デジクッパ

デジクッパ

デジクッパ登場。あっさりめの豚骨スープ。お好みで塩や塩辛、味噌等を加え味を調整します。

個人的にはエビの塩辛で塩加減を調節するのがオススメ。

デジスユク

デジスユク

デジスユクは特製のタレにつけていただきます。

特製ダレにつけて

特製ダレにつけて

柔らかいお肉に酸味がきいたタレが良く合います。

ごはんをイン

ごはんをドボン

ごはんも付いていますので、最後はデジクッパにごはんを入れてシメました。

デジクッパは、お肉もたくさん入っており、豚骨のくさみもなく本当に美味!

釜山名物ですので、ぜひ釜山に行かれた際は食べてみて下さい。

 

このランチをもって、今回の「1泊2日 釜山の旅」は終了。15時のビートルに乗って博多港へ帰ったのでした。

よく食べ、よく飲んで、高いところにビビった今回の釜山の旅。1泊2日とは思えないほど満喫できました!

※6回に渡りご紹介してきた【JR九州高速船ビートルで行く釜山の旅】シリーズ、これにて終了です。

■Writer:FP

※情報は2017.3.3時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ