リニューアルしたビートルに乗って釜山へ!【ファンファン福岡編集部 ビートルで釜山の旅】

JR九州高速船「ビートル」が3月にリニューアル!

と言うことで早速、ファンファン福岡編集部、実際にビートルに乗って釜山へ行ってきました。

今回のリニューアルで船内インテリアが一新。

新しくなった船内

あのクルーズトレイン「ななつ星in九州」を手掛けた、水戸岡鋭治さんがトータルデザインを手がけています。

デザインコンセプトは「海旅を楽しく豊かに演出するNEW BEETLE」。

座席は前席との間隔が拡大し、ゆったりとした海旅を楽しむことができるようになっています。

ヘッドレスト

ヘッドレスト

新座席には高さが調節が可能なヘッドレストが付いており、身長に合わせて心地よいポジションを設定できます。

また、フットレストも完備。

フットレスト

フットレスト

ヘッドレスト・フットレストで快適さはかなりUPしていますよ。

USBポートとイヤホンジャック

USBポートとイヤホンジャック

また、肘掛け部分にはUSBポートとイヤホンジャックも。

出発してしばらくすると映画が放映されるのですが、これまでのビートルでは字幕で見るしかありませんでした(小さく音は出ていましたが)。

イヤホンジャックがあることで、さらに映画を楽しむことができるようになります。

あと、USBポートも嬉しい!

約3時間の船旅で、パソコンやスマートフォンを使う方も多いと思いますが、これで電池残量の心配をする必要がなくなりますね。

Freee Wi-Fi

Free Wi-Fi

Free Wi-Fiもあります!

電波が繋がりにくいところでも「ビートル船内オリジナルコンテンツ」もありますので、約3時間の船旅も退屈すること無く過ごせますよ~。

※ちなみに私はスマートフォンでずっと動画を見ていましたが、釜山についても電池残量100%!

 

釜山港に到着し、ビートルの『新サービス』を利用してみました!

釜山港国際ターミナル3階のビートルカウンターにスーツケースなどの手荷物を預けると、宿泊するホテルに運んでくれるというサービス、その名も「ビートル手ぶらサービス」です(提携ホテルはご確認ください。南浦洞・西面エリアは5000ウォン)。

ビートル手ぶらサービス

ビートル手ぶらサービス

昼に到着して、「荷物をどうしようか」と悩んだことがある方も多いのではないでしょうか?もうそんな悩みも不要ですよ!

このサービスを利用すると、荷物を預けてあとはそのまま旅行を楽しんで、ホテルに戻るだけ。ちなみに5000ウォン(約500円)です(これは安いですよね!)。

ビートル手ぶらサービスで身軽になった私は、これから昼食に釜山名物「ナッチポックン」を食べに行くのでした・・・ ※続きはコチラ https://fanfunfukuoka.com/travel/83551/

■Writer:FP

※情報は2017.4.17時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ