海外で「日本人所有の車」とバレる理由☆どくだみJAPAN

日本人は何をするにも丁寧で他人思いでおまけに優しい。

(時に例外はいるが・・・)

 

日本の滞在が短い外国人にとって

対向車線から送られる『ハイビーム』のパシ・パシ。

あれが不思議でならないようで

『何なんだよ、あの合図。危ないじゃないか!?』と息荒立てる。

『違うのよ、あれはね、この先に警察がいるから気を付けてっていう合図なのよ』

そう教えると、先ほどまでちょいキレだった外国人たちが

『おぉぉぉ~なんて親切なんだよぉ!!すごい。日本人の助け合いのこの精神!!

ファンタスティクじゃないか!!!』

と、感動の渦が巻き起こる。

スゴイゾニッポン!フジヤマ!アッパレ!

スゴイゾニッポン!フジヤマ!アッパレ!(←意味不明)

しばらくたつとあの忌まわしき白と黒色の車が

善人な市民を捕まえている光景を横目に車は通過。

これぞ、ワールドカップ並みのチームプレーの形だ。

 

が、しかし、こういう習慣が仇となる場合がある。

 

日本は出庫するときに、スムーズに出れるようバック停車が

「礼儀」とされている。

日本人の車庫入れ、パーキングスペースの停め方、どちらとも世界最高水準の技術を

みな持っていると思う(笑)

日本では見かけないバック駐車のハウツー標識まで

日本では見かけないバック駐車のハウツー標識まで

ひどい国なんて、だいたい白線の仕切りなんて気にしない(笑)

「ここにスペースあるんだからどう停めたっていいじゃない。」

っとばかりにまたがって停めたりしてくる。

フランスの縦列駐車は有名だが、前後の車にあたろうがかすろうが

まったく気にしない。さすが、個人主義国・フランスだ。

 

そんなわけで、一発で上手にしかもご丁寧にバックで車を停めたりすると

『日本人が所有している車だ』っと目星がついてしまい

車上荒らしに遭うケースが海外ではある。

 

海外の道路事情をよく研究して運転すべし!!

 【どくだみJAPAN☆は毎週月曜日午後9時にお届けします】

※情報は2014.5.26時点のものです

Yuu

『どくだみJAPAN』 リーダー。
人生一度きりなので・・・なんでもやりたい見たい感じたい冒険家♥(笑)

関連タグ

この記事もおすすめ