脳みそバーン!目ん玉ボヨヨーン! バンジージャンプでニュージーランドの空を飛ぼう!☆どくだみJAPAN

ニュージーランドの肝試し。それはバンジージャンプ!

原点はバヌアツ共和国のペンテコスト島における成人の儀式。

ニュージーランドにはなんと国内に6カ所もの

バンジージャンプが設置されている

バンジージャンプ大国!

 

足に助け綱をつけ、ジャンプ台から一気に飛び降りる

というアトラクション。

 

高さは43メートルから400メートル級まで。

飛び降りる場所も、スカイタワー、川の上の橋など、よりどりみどり。

しかも、飛び降りるだけでなく、

川の水面に頭もどっぷり浸かっちゃうというのもある

長距離空中ステイの間で色んなスタイルを楽しめるということもできる。

バンジーで愛を育むこともできる。

服装も自由。本当の開放感を楽しみたいひとは、裸の大将もオッケー!

私も小鳥さんみたいに、自由にお空を飛びたいわー!

とルンルンで134メートルの高さのバンジーに挑戦!

空中に設置された小屋に移動。

小屋の中は、意外に快適。

あー、いい眺め!山も川も、全てがきらきらと輝いて見える。

こーんなに地球はきれいなのかと、うっとり。

と、ここまではサイコー!

バンジージャンプのお立ち台に立つ前に、がっちりと足首に命綱をつけられ、歩くのも大変なくらいに重い。 二人のかっちょいいお兄さんに支えられ、最終ジャンプ台に立つ。

“1、2、3、ゴー!飛び降りて!”

と言われたが、いざ、お立ち台にたったら、

まじで、まじで、まじでー。

体が動かない。

足首の命綱がとっても重く感じる瞬間。

飛べない。

“びぇーーーん。こわいじゃないのよぅ。“

予想を超える恐怖でこざいます。

 

“今度の合図が最後だそーーーー。”

かっちょいい、お兄さん達、ちょっと怒り気味。

“GO——–!”

“うりゃぁああああああああああ“

脳みそっバーン!

目ん玉ボヨヨーン!

鼻水ブシュー!

ほんの3秒の134メートルからの急降下。

私のお空の旅は、眼痛と頭痛というお土産をもらい、

幕を閉じました。

今度は、低めの頭が川にどっぷり浸かるバンジージャンプに挑戦!

ニュージーランドにご旅行の際は、是非、バンジージャンプにチャレンジしてみてください。日本では味わえない肝試しですよ!

【どくだみJAPAN☆は毎週月曜日午後9時にお届けします】

 

※情報は2014.6.2時点のものです

SATOKO

ニュージーランド 在住13年目

バイリンガル子育て&若手起業家の夫育を楽しむ専業主婦。

また、オークランドでマルチシンガー、ステージMC, イベント企画など極小活動活躍中。 現在夢に向かって花の学生

この記事もおすすめ