【のぼろ便り】湯布院のシンボル☆「豊後富士」由布岳に挑戦! 

初夏の美しい草原に包まれた由布岳に登りました!

別府温泉や由布院温泉など、大分の人気観光地から眺められる由布岳。

「大分といえば由布岳」「湯布院といえば由布岳」と地域のシンボルになっている山です!

昼前に登り始めたのですが、風が気持ちよく、蒸し暑さを感じませんでした。

土が乾燥し、石や木々が歩くたびに足に当たるなど、少し歩きにくかったのですが、初夏の新緑は素晴らしかったです!

新緑がまぶしい…

新緑がまぶしい…

えっほ、えっほ

えっほ、えっほ

勾配はそれほどきつくないのですが、結構、体力が必要です。

途中、休憩しながら登れ、登れ!

途中、休憩しながらも登れ、登れ!

徐々に曇ってきたようです。

本当に山の天気は分からないですね。

山の中で高い木々を見上げる瞬間が好きです

山の中で高い木々を見上げる瞬間が好きです

山頂まではまだまだ。歩け、歩け

山頂まではまだまだ。歩け、歩け

途中、カメラのバッテリーを落とすなどのアクシデントにも見舞われ、回れ右で1キロほど後戻り。ウソ……(l|゚Д゚l|l)……ッ!!!

バッテリーは見つかりませんでしたが、一緒に山登りしていたメンバーが必死に探してくれる様子に感動しました。

さて、気を取り直して再び登山!

視界が開け、地上を見下ろせるようになりました。

雲を見下ろすなんて、なんだか気分いい!

登ってきた地上を見下ろすと、なんだか気分いい!

雲の中を歩きま~す!

雲の中を歩きま~す!

頂上に近づくにつれ、足場も悪く、ゴツゴツした岩が増えます。

しかも、結構、歩いて汗をかいたはずなのに、山頂近くになると空気が一変。

急に寒くなりました。山の空気ってこんなにも変わるんですね。

そして、ついに…

到着!

到着!

やったね!

やったね!

山頂は風も強く、寒いので、用意した食料で体力を補給♪

これが美味しいんです!

これが美味しいんです!

エネルギー補給した後、さて、下ろうかと思ったら、反対側のもう一つの峰からほら貝の音が!

視線をそちらに向けると、多くの登山者の方が手を振ってくださっていました。

向かいの山々から手を振ってくれた登山者のみなさん

向かいの山々から手を振ってくれた登山者のみなさん

山登りの楽しみは人それぞれ、いろいろあるでしょうが、

山道をすれ違うときに交わす挨拶や、知らない人同士が手を取り合って絶壁に挑戦することなど、

大きな自然を前に、小さな人間たちが協力してひとつになることだ思いました。

梅雨が明けたらまた登りに行きたいです!

※情報は2014.6.4時点のものです

team「のぼろ」のメンバーが九州の山登り情報をお届けします♪

西日本新聞社出版部が発行している山の季刊誌「のぼろ」(本体926円+税)。

春号絶賛発売中!

ネットでの申込みはこちら⇒http://shop.nishinippon.co.jp/asp/index.asp

この記事もおすすめ